コンクリート再アルカリ化|全国ナンバーワンの実績

お陰様で脱塩工法と共に全国ナンバーワンの施工実績/㎡となりました。
環境問題や交通インフラの整備に貢献でき大変光栄です。

様々なコンクリート建造物に対応

古いコンクリートを壊さず、寿命を延ばすことができる工事で、テクノクリートシステムとも呼ばれています。
橋梁や道路はもちろん、銀行や学校・重要文化財等の再アルカリ化工事も行っております。
古いコンクリートを壊すことが無いため、工事期間中の交通インフラへの影響を抑えて工事が可能です。

テクノトリートシステムとは?

腐食した鉄筋

コンクリートのアルカリ性が低下すると、内部の鉄筋が腐食していきます。
その結果、耐久性が低下していきます。
コンクリート再アルカリ化は、通電によりアルカリ性が低下したコンクリートのアルカリ度を回復させ、コンクリート自身が持つ鋼材の防食効果を向上させる工事です。
コンクリート中の内部鋼材へ直流電流を流し、アルカリ性の電解質溶液をコンクリートに電気浸透させていきます。
2週間ほど通電を行うことで、アルカリ性溶液を鉄筋周辺まで浸透させる事ができます。

多種多様な施工実績

お陰様でコンクリート再アルカリ化工事    全国ナンバーワンの施工実績/㎡となりました。

東京駅の東京中央郵便局をはじめ、重要文化財、銀行ビル、官公庁保存建物などでコンクリート再アルカリ化を施工しております。
慎重な対応が必要な建造物もお任せください。
豊富な経験に基づいて、適切な判断で作業を行うチカラが私達にはあります。

環境に優しい工事

コンクリートを破壊せず、ビルの立て直しや再土木工事も必要ありません。 そのため自治体や企業のコスト削減につながり、環境コストも削減できるため、自然環境に優しい工事です。

コンクリート再アルカリ化は久保田工芸へ

全国ナンバーワンの施工実績がある久保田工芸にお任せください。
神奈川県横浜市に拠点がありますが、全国に出張可能です。

公開可能な範囲で実績も掲載しておりますので、ご覧ください。

PAGE TOP