Loading

世界標準のテニスコート Laykoldの施工

https://www.thesurfaces.org/

日本に存在するテニスコートのサーフェスは

 

約半数が砂入り人工芝と言われていますが、

 

世界でこのような国はあまりないようです。

 

もしかすると日本では多くの方が過去のハードコートのイメージを

 

そのままお持ちなのかも知れません。

 

世界最高レベルの大会でいま最も多く使われている

 

ハードコートの一つであるLaykoldの飛び抜けた

 

衝撃吸収性能、雨天時のスリップ防止性能、安定したボールスピードなどの

 

テクノロジーに加え、環境への配慮は

 

日本のテニスコートに対する常識を大きく変えるかも知れません

 

世界標準のテニスコート

 

日本に存在するテニスコートのサーフェスは約半数が砂入り人工芝と言われていますが、

 

世界でこのような国はあまりないようです。

 

実際グランドスラムではハードが2大会、クレー1大会、

天然芝1大会、ATPマスターズ1000では9大会のうち6つがハード、

残り3つはクレーを採用しています。WTA1000も9大会のうち7つがハード、クレーが2つです。

ATP500も13大会のうち8つがハード、クレー3つ、天然芝が2つ。

WTA500は12大会のうちハードが8つ、クレーと芝が各2つ。

 

そして砂入り人工芝は 「 0 」

 

つまり日本はテニスもガラパゴス化してしまっているということ。

 

久保田工芸は、世界最先端のサーフェスをお届け致します

 

お気軽にお問い合わせください。

 

是非、お手元にLaykoldを。

PAGE TOP